スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teajoをみてきました

2008年05月12日 22:18

母の日のプレゼントで、SPEEDRACERを IMAXでみてきました。
画面がすごい大きくて、きれいだった~IMAXで見るのに、いい映画だとおもいます。

Rainももちろん大きかった~

10分ぐらいじゃないの~みたいに家族に言われながら、10分でもいいんだもん♪とみてたら、結構でてましたね。
Rainがインタビューで言ったように、比較的重要な役でした。役的には・・・--?ッてかんじなところもありましたが、いいっか(笑)

映画自体は、家族向けならもう少し短くてもいいかな~(2時間15分)ちょっと、詰め込みすぎかな。
漫画みたいに、カットされていて、目がちかちかするかもしれません。画面が大きいぶんいっそうだっかかしら。
全体的に、人工的に作られていて、私は嫌いじゃないです。

子供たちも楽しんでいたし、マッハGOトリビュート(スピードが車から飛び降りてキメのポーズ)とかあったりして、楽しめるとおもいます。

Rainの登場場面中心にネタバレ感想
Rain、痛い思いで登場。

脅される役だったんだね。レーサーXに助けられます。

レーサーXっていうのが、レース関連の恐喝とか八百長をしらべている警察の手伝いをしテいたわけです。
大資本のしたに入ることを拒否して、追い詰められているスピードのところへ来て、手伝ってくれないかと、いうわけですが、それには、兄REXが命を落とした掟破りのロードレースに参加しなくてはならいない。パパは反対するんんだけど、スピードは家族を守るためトリクシーと二人で参加する。

テジョーのチームの一員として、テジョー、レーサーXとチームを組んで、邪魔を蹴散らし、優勝するわけです。

テジョー、毒盛られちゃうし。レーサーXは、侵入者に気づいてやっつけちゃうのに~~

ま、女装をみられたから、いいか。しっかし、ごっつい女だよね。185センチ。

でも、テジョーが参加した理由は、自社株をたかくスピードを追い詰めていた大資本に売りつけるためだったんですね。裏切り者~~~

殴られ、毒を盛られ、気が短くて、そのうえ、裏切りもの…という、なんともかっこつかない役…なんだけど、テジョーのほうからみれば、父と家族の会社を守るため…だったんだけどね。

妹は申し訳なくて、優勝者に贈られたグランプリの招待状をスピードの届けます。

そこで、スピードは優勝して、テジョーも、喜んであげるわけです。

悪いやつじゃないんだよね。そうそう。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honeys07.blog92.fc2.com/tb.php/281-05ae045e
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。